Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チクチク縫います

おはようございます 宮之前です。

今日は朝から青空です。

寒さは苦手ですが、冬の晴れた朝のキリっとする空気は好きです。


さて、最近は続けて他社のウイッグをお使いの患者さまからのご相談がありました。

どちらもカットのご依頼でしたが、ウイッグを見せていただくと、
カット以前にサイズがまったく合っていません。
プカプカしたり、ズレたり、もみあげが浮いていたり…

それぞれ、ご説明をして、サイズ調整をさせていただきました。
あっちこっちつまんでは、チクチク手縫いで作業です。

チクチクやりながらお話を聞くと、
ウイッグだから仕方がない
ウイッグってこんなもの
こんな風に思ってたそうです。

ぴったり合ったウイッグは軽く感じます。
首や肩に変な力が入らないので、疲れません。
少々のことではズレないし、ましてや取れるなんてことはありません。

どの方も決して安いウイッグをお使いではありませんでした。
エピテーゼよりもずっとお高いウイッグです。
購入するとき、高いから大丈夫だと思ったそうです。
在庫がこれだけだから、今なら割引があります、などと言われ、慌てて購入した方もあります。
そのウイッグ屋さんで購入された方、何人かが同じようにおっしゃいました。

残念に思うし、悲しくなります。

おしゃれ用に使うウイッグではありません。
患者さまの体の一部になり、ともに生活するウイッグです。
患者さまは、試着をしても、スタイルだけに目が行きがちです。
当たり前のことです… だって、初めてのことでわからないから。
私たちウイッグを扱う者が、ちゃんとアドバイスできていれば。

他社のウイッグをお持ちになった患者さま、どちらもお帰りは帽子を被らずに帰られました。
カットしたのはほんの少し。
ネットを縫い縮めただけ。
あとは、使い方、かぶり方のアドバイスだけですが
顔をしっかり上げ、自信を持ってサロンを出て行かれました。

これからウイッグが必要になる方、ぜひ、購入する前にご相談にいらして下さい。
決して無理な販売はいたしません。
ウイッグの素材や造り、試着のときに気をつける点などアドバイスさせていただきます。
治療中もいつもの自分でいられるように。



長い夜

こんばんは   宮之前です。

今日は全くの個人的なお話しです。
実は、私の母が今週胃がんの手術を受けました。

年齢83歳、今まで大病を患った事もなく、父が亡くなった後、実家で一人暮らし

年相応にあちこち痛いと言ってるものの元気に過ごしていたのですが、

ついでに受けた検査で初期の胃がんが見つかり、内視鏡手術を受けました。

私も母も、内視鏡で出来る手術だし、大した事はないと思っていました。

説明では、まれに術中や術後に穿孔や出血で開腹手術になる可能性もあるとは聞いていましたが、

他人事として聞いていました。
無事に手術も終わり、朦朧とした母に声をかけ、しばらくついていたものの

夕方病院を出て帰宅して数時間後

「お母様が吐血されました」  との電話

慌てて病院に駆けつけると、病室ではなく、処置室で苦しそうに寝ている母

ベッドには所々吐血の跡

先生から、内視鏡で再手術の説明と輸血の同意書

その後、内視鏡での止血は難しいとのことで、動脈からカテーテルを入れて止血、

又は、開腹手術になりますとまた同意書、外科の先生も登場

母の体には、点滴の針も増え、鼻からチューブ、酸素マスクにいろんなコード

看護師さんも何人も付いて近寄れないほど。

手術室に入った母を待つ間、

看護師さんが声をかけて下さいました。

なにを言われたのか覚えていないけど、そっと肩を撫でながら一言

その暖かい感触に張り詰めた気持ちがふっと緩んで涙がこぼれました。
その後、無事にカテーテルでの止血ができ、開腹手術は免れ、

2日間ICUで過ごした母は、一般病棟に戻り、今は落ち着いています。
毎日、患者様と接している私は、こんな風に寄り添えてるだろうか。

気配り、目配り、ちゃんとできているだろうか。

ICUのベッドで眠る母の隣で、こんなことを考えていました。

慣れることなく、日々、自分に問いかけて過ごしなさい   と

母が教えてくれました。

戻ってきた時、何人もの看護師さんに

「お帰りなさい、良かったですね。」

と声をかけられ、キョトンとした母。

本人は全く覚えていないようです。

あんなにきつかった夜のこと、覚えてないのは幸いです。

きっと長生きすることでしょう。

ウィッグでヨガの会  楽しめました!

こんにちは 宮之前です。

しばらくぶりの更新になりました。

「ウィッグでヨガの会」 無事に終わりました。

当初の予定より人数が増えてしまい、広い部屋に変更したにも関わらず

少しばかり窮屈な感じでしたが、楽しんでいただけたようです。

私も初めてのヨガ

呼吸を合わせながらの動きに、途中から汗が・・・

結構疲れました・・・

終わったあとの皆さんのすっきりしたお顔

やってよかったです。

ヨガの後は、リンパ療法士の看護師さんを囲んでのリンパ浮腫相談会

日頃不安に思ってることを質問されてました。

ウィッグでヨガ、思ったより大丈夫でしたね。

これを機にヨガ教室に行ってみようかな…という声もチラホラ。

ヨガの先生も、患者さんばかりのヨガの会ということで少しドキドキされてたかもしれませんが、

皆さんの笑顔で安心されたようでした。

ヨガの会は好評でしたので、またやりたいと思います。

日程が決まりましたらお知らせします。

ウィッグでヨガの会


こんにちは 宮之前です。

シルバーウィークも終わり、すっかり秋の空です。
昼はトンボ、夜は虫の声。
短いけど好きな季節です。

さて、10月18日(日)に 「 ウィッグでヨガの会」をやってみます。
これまた患者さんとのお話から始まった企画です。

ウィッグだから、みんなが集まる場所には行きにくい・・・だけど体を動かしたい。
リハビリを兼ねてヨガをやってみたいけど、病気のことを話すのはちょっと・・・ 。
なんでもいいから患者さんたちと話してみたい・・・ 。

こんな声から企画してみました。

「ウィッグでヨガの会」
10月18日 10時30分~13時 終了予定
熊本市清水コミュニティーセンター にて
参加費 1300円 動きやすい格好でご参加ください

ウィッグを使用中の方も、そうでない方も、がん患者とそのご家族ならどなたでも参加できます。
皆さんのできる範囲で無理なくゆったり楽しみましょう。

当日は、現役保育士にボランティアで託児をお願いしています。
小学校低学年のお子様連れでも大丈夫です。
託児をご希望の方は申し込みの際にお知らせください。

私もヨガは初体験です。体は固いし、四十肩で腕は上がらないし・・・
一番不安なのは、私です・・・



ひとつひとつ


こんにちは 宮之前です。

この前まで蝉の声がうるさく感じていたのに、最近は夕方から虫の声がしています。近所に畑や公園はないはずなのに、どこから聞こえてくるのでしょう?

さて、9月に入り、ご相談や製作が続いています。

先日ご来店のHさま
ご相談の時になかった前髪がありました。
あら、前髪切ったんですね! とお顔をしっかり見るとなんだか違う。
ん…!眉です。

笑いながらHさまが、
あれからアートメイクしてきました、とおっしゃいました。

あれからって、1週間しかたってません。

ご相談の時に、眉毛やまつ毛も抜けるかも、とお話ししました。
Hさま、ウィッグの心配がなくなったら、眉が心配になり出したそうです。
即、お友達に連絡して、アートメイクができるところ、評判の良いところを探して施術してきたそうです。

アートメイクをされた事のある方なら分かるとおもいますが
しばらくは普段よりしっかりした眉になります。
だんだん染料が取れて自然な眉になってきます。

ウィッグの準備OK!、眉の準備OK!
ひとつひとつ済ませる毎に心の準備も出来てきたようです。

病気がわかり、手術を受け、これで終わりかと思ったら放射線治療、化学療法と続くことになったそうです。
治療のゴールはまだ先ですが、一歩一歩進んでいきましょう。

次回は付けまつげレッスンしましょうか?

その時、その時のお困りごとに寄り添っていきたいと思ってます。





Appendix

検索フォーム

QRコード

QR

Extra

プロフィール

Aki Miyanomae

Author:Aki Miyanomae
HAIR CREATOR 阿樹は抗がん剤治療による脱毛で、医療用かつら・ウィッグを必要とされる方の為の美容室です。


治療前のカットから、ウィッグの販売、メンテナンス、治療終了後のウィッグ卒業まで、経験豊富な美容師がサポートします。
HAIR CREATOR 阿樹
熊本市黒髪2-1-6
ガウディ黒髪1F
096345ー9894
担当 宮之前 亜紀

最新記事

最新トラックバック

   

    
    

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。