Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本定例会


昨日はNPO法人日本ヘアエピテーゼ協会の定例会でした





私は西日本支部になるのですが、今回は東日本の定例会に参加してみました

今回はウィッグに関すること以外にネイルや眉、まつ毛など
学ぶことの多い定例会になりました

治療中の患者様が少しでもストレスなく日々を過ごせるように
まだまだ学ぶことがたくさんです

今回も愛媛、大阪、静岡、愛知、長野・・・各地からメンバーが集まっています
それぞれのメンバーの学ぶ意欲と患者支援の意識の高さにまたまた刺激を受けて帰ってきました


定例会の後は、協会の本部移転パーティー!

これまたおしゃれなレストランで
みんな、飲む、食べる、しゃべる、しゃべる・・・
同じ想いを持っているからか、話は止まることなく
楽しい時間はあっという間に過ぎていきました

さて、明日はくまもと乳腺・胃腸外科病院でのセミナーです
定例会で学んだことをしっかり伝えてこようと思います





BEAUTY LESSON のお知らせ



3回目を迎えるビューティレッスン@Ropponngi hills、10月15日に行うことになりました。

これから抗がん剤治療を予定されていらっしゃる方、現在治療中の方、外見を元の自分に戻す方法を知って、今までと変わらない生活を送りましょう。

           


BEAUTY LESSON @Roppongi hills

化学療法中の女性に向けたビューティレッスンのお知らせです

美容の力で外見を取り戻し、アロマでリラックス。秋の一日、お茶とともにおしゃべりしながら楽しい時間を過ごしましょう!




●自髪やウィッグのシャンプー剤の選び分けと方法、乾燥による毛がらみ対策やヘアアイロンの使い方をマスターしましょう。
●相モデルでアロマのハンドトリートメントを体験。講師はメンタルクリニック内で施術をされているアロマセラピスト大坂絵美さんです。こころとからだを癒すオイルや精油のお話も。
●眉毛、睫毛の再現法を、コスメやつけまつげの選び方を含めて学びましょう。。
●黒ずみ、線が気になる爪のケア法、優しく華やかにカバーするネイルテクニックの工夫。

お申し込み対象者:抗がん剤治療中の女性(ご同伴のご家族、ご友人は1名様まで可能)
日時:10月15日(火)10:30~12:30(受付10:15~)
会場:ハリウッド化粧品 メイスクラブ  東京都港区六本木6-4-1 六本木ヒルズ ハリウッドビューティプラザ4F
ACCESS:東京メトロ日比谷線・六本木駅、または都営地下鉄大江戸線六本木駅から徒歩3分 、都バス・渋谷から都01六本木ヒルズ行、六本木ヒルズバス停にて下車会場 
主催:NPO 法人ヘアエピテーゼ協会  http://www.hair-epithese.com/
協力:Hollywood MAY'S GARDEN SPA http://www.hollywoodsalon.co.jp/mgs/index.html
参加費:無料

*お申し込み方法* 
お名前、ご住所、ご連絡先電話番号、メールアドレス、お知りになりたい美容情報をご記入の上、Eメールでお申し込み下さい。こちらから受付受領のメールを差し上げます。個人情報はセミナーのみに使用し、他用は致しませんのでご安心下さい。

*お申し込み先*
kkozu☆hair-epithese.com (☆を@に変えて下さい) 
NPO 法人日本ヘアエピテーゼ協会 広報担当:河野こずえ

ヘアエピテーゼをご購入されている方、もしくは担当者のいらっしゃる方は各サロン担当者へメールでお申し込みください。

中日新聞で紹介されました




名古屋で活動するヘアエピテーゼ協会のメンバーが中日新聞で紹介されました

足立さんはいつも患者さんのために何ができるかを考えて活動されてます。
笑顔の素敵な女性です
お近くでお困りの方はぜひご相談ください

以下、記事を転載させていただきます


中日新聞 2013.09.03

抗がん剤治療で髪が抜けた患者のため、医療用かつらを継続して手入れする、県内では数少ないサービスを北名古屋市内の美容室が手がけている。治療前後の本人の髪形に合わせ、購入後一年間、かつらを無償でケア。店主の足立育子さん(三四)は「好きな髪形のかつらを楽しみながら、自分の髪で再び生活できる日を迎えてほしい」と話している。
購入後1年無償ケア
取り組んでいるのは、北名古屋市六ツ師の美容室「インプルーヴ」。明るい茶色のロングと暗めの茶色のミディアムヘアの二種類にかつらを扱う。アタマの形に調整できるよう裏地は収縮し、人毛を八割使った髪はスタイリングも容易。この二つを基に、足立さんが患者の希望の髪形に仕立てて販売する。
足立さんは「購入後、髪が抜けたり生え替わったりして、かつらが合わなくなったり、髪形を変えたりできないのが患者さんの悩みだった」と話す。このため、髪が再び生え揃う目安の一年間、かつらのカットや手入れ、装着の助言を無料で請け負っている。
二〇一〇年末ごろから、一人で切り盛りする美容室で、医療用かつらのサービスを始めた。乳がん治療で髪が抜けた経験がある女性客から体験談を聞き、かつらや患者本人の髪をケアする美容院が県内で少ない事情を知ったのがきっかけ。
「同じ悩みを抱えている人は他にもいるのでは」と考えたところ、NPO法人「日本ヘアエピテーゼ協会」(東京)が、美容師に医療用かつらの手ほどきをする学校を都内で開校していることを知った。三カ月通い、技術や知識を習得。協会が開発したかつらの販売と無料ケアを担う店として県内で唯一、認定を受けた。
これまで、高校生から七十代まで百人近い女性のかつらを手がけた。「かつらに抵抗感があり、希望の髪形があっても自分からいい出せない患者さんもいる」と足立さん。様々な髪形を提供し、違和感なく着用できるように心掛けている。
かつらを外せるようになった患者には、再び生えそろった本人の髪を無料でカットし、一連の手入れを終える。足立さんは「患者さんがかつらを卒業する日、再デビューする本人の髪を最初にカットできるのが一番の喜び」と話す。
かつらの費用は十二万六千円。購入から一年を過ぎた後や店で取り扱う意外のかつらも有料で手入れする。

問い合わせ
インプルーヴ
電話 0568-70-5114




定例会

昨日は日本ヘアエピテーゼ協会の西日本支部の定例会に出席するため
大阪に行ってきました

定例会の前に技術講習があり、
サイズ調整などしっかり学んできました。

講師をして頂いたのは東京の蒲田でアトリエを持っている
ひろみさんです。
http://www.hair-epithese.com/hiromi.html/




毎日患者様とウィッグに接していらっしゃるので
手つきのいいこと、早いこと
頭の形に合わせてチャチャッと調整されてます

使いやすいように、楽なようにと
患者様の目線でいろいろと教えていただきました

そのあとの定例会では、メンバーの活動報告やこれからの計画など
参考になることが多く、たくさん刺激を受けて帰ってきました




こうやって技術を共有したり、情報を交換しながら
日々活動しています

明日もメンテナンスや他社ウィッグのカットなどご予約を頂いています
定例会の成果を見せられるよう頑張ります

埼玉支部が紹介されました

 

先日、再現美容師の先輩が、読売新聞埼玉版に紹介されました



再現美容師 がん患者支援

医療用かつらで元の髪型


抗がん剤の影響で髪が抜けるショックを和らげるため、さいたま市大宮区の美容師毛内英か克さん(46)が医療用かつらを使って元の髪型に戻す「再現美容師」としてがん患者を支援している。患者数は増えているが、かつらの扱いに慣れた再現美容師は少なく、毛内さんは「脱毛の事実を受け入れられず、前向きになれない人は多い。外見を保つことで、患者さんの気持ちを明るくしたい」と語る。
再現美容師は、がんなどで髪を失った患者のための医療用かつらを開発したNPO法人「日本ヘアエピテーゼ協会」(東京)が2006年から認定しており、23都府県の約30店に約100人の再現美容師がいる。
毛内さんは約20年前から、さいたま市大宮区で美容室「K Palette(ケーパレット)」を経営。親戚をがんで亡くしたことをきっかけに同協会を知り、2011年秋に認定を受け、昨年春から活動をはじめた。
元のヘアスタイルに近づけるため、治療前に来店して自分の髪に合わせたかつらを作ることを勧め、治療後には伸びていく髪に合わせてかつらを整える。毛内さんが1対1で対応し、現在は20〜50歳代の約30人の女性が通っている。
県東部の40歳代の主婦は約1年前にがんと診断されて抗がん剤治療を受け、ほぼ全ての髪が抜けた。別の店で作ったかつらは合わず、人目を気にして閉じこもりがちになった。昨年秋に毛内さんのお店を知り、以前のロングヘアに戻すことができ、「生き返った思い」と喜ぶ。
同協会の医療用かつらのほか、他社製のかつらについても様々な相談に応じている。問い合わせは、同店(048・643・6061)。


私もそうでしたが、こうやって新聞に掲載されることで
より多くの患者様やご家族に知っていただけます
これだけ情報があふれている時代なのに、
本当に必要な情報はなかなか手に入らないことも多々あります
一人でも多くの患者様に私たちのことを知っていただいて
選択肢の一つとなることを願います

Appendix

検索フォーム

QRコード

QR

Extra

プロフィール

Aki Miyanomae

Author:Aki Miyanomae
HAIR CREATOR 阿樹は抗がん剤治療による脱毛で、医療用かつら・ウィッグを必要とされる方の為の美容室です。


治療前のカットから、ウィッグの販売、メンテナンス、治療終了後のウィッグ卒業まで、経験豊富な美容師がサポートします。
HAIR CREATOR 阿樹
熊本市黒髪2-1-6
ガウディ黒髪1F
096345ー9894
担当 宮之前 亜紀

最新記事

最新トラックバック

   

    
    

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。